ここに行ったらコレを買え、ときがわ「こぶたのしっぽ」レポート

旅行記

ハム屋の兄とパン屋の弟が手を組んだ、埼玉県ときがわ町の「こぶたのしっぽ」レポートです

グーグルマップを眺めていて、「こぶたのしっぽ」という記載をみつけ、調べたところ、手作りのハムやらベーコンやらとパンを出すお店らしい。お店を兄弟でなさっているということで、「こぶたのしっぽ」のレポートです。

お店は白いかわいい建物

 

他のブログの情報によると、午後の時間になると売り切れの商品も出始めるとのことでお昼前には到着するよう出かけました。

お店の到着はお昼ちょっと前、計画通りの時間です。
店舗の横には5、6台停められそうな駐車場があり、先に2台ほど車が止められていました。

お店は白いかわいい建物で、お店の前には白いパラソルのテラス席がかわいらしく設けらていました。

店内はカジュアルな雰囲気で、さほど広くはないけど落ち着いたお洒落な感じ。

しっかり食事をとるというよりも、パン屋さんのイートインコーナーのような感じのカウンター3席、大き目のテーブルが一つある程度なので、混んだときはなかなか座れないのかなーとも思いました。

壁際のカウンター席は、小学校で使うような椅子が並べられていて、とても懐かしい雰囲気です。

椅子を引いた時「ガガガー」という思いの外大きな音がして、それはそれで懐かしく感じました。

注文

レジ前と商品棚にはいろいろなパンやハム・ソーセージなどが並べられています。
注文してから作るメニュー、ホットドッグなどはレジ上の黒板に書かれていて、レジで注文する流れになっています。

自分のときは、先客が注文していたので、レジに並びながら黒板を見て注文を考えていました。

今回注文した二人分の内容はこちら
チーズソーセージホットドッグ 450円
あらびきソーセージホットドッグ 450円
コンビーフサンド 480円
昔のベーコン(おみやげ)480円
消費税 137円
合計 1874円
これらすべてをテイクアウトでお願いしました。

注文の際に、「ピクルス、玉ねぎ、マスタード、ケチャップが入りますがよろしいでしょうか。」(だったと思いますがちょっと不確か)という確認があります。
苦手なものがある人にとってはとても嬉しい配慮ですね。
[adchord]
コンビーブサンドは衝動買い。パンから溢れそうなほどのコンビーフが詰まっているのを目にして思わず手にしてしまいました。コンビーフサンドはマスタード入とマスタードなしが並んで置かれているので、お好きな方を。

試食


ホットドッグが出来上がるまでに少し時間がかかるので、店内で待ってると、プレートに盛られたハム、サラミ、ソーセージなどの盛り合わせを出してくれます。これは来店の皆さんにもれなく提供している試食のようで、どれも美味しくいただきました。

自分的には上の写真でいうと、一番上の爪楊枝が刺さっているものから右下に三番目のやつが一番好きでした。

試食というからには、実際に店内で買えるものだと思うのですが、そこで、一つ思ったのは、商品名がわかるとうれしいなということ。

最近の焼き肉屋(に行きました的なインスタなど)でよく見かける肉の部位名が書かれた経木の名札みたいなのを付けて提供すれば、店内で販売されている商品も探しやすくなるし、店員さんに名前で伝えることもできます。また、このようなブログやインスタグラムでも紹介しやすくなると思います。

実食


いま、これを書きながら気がついたこのなのですが、
他のブログの写真を拝見すると、ケチャップとマスタードが掛かってる?!

テイクアウトの場合、別添えで入れてれてたのに、気が付かなかったのか、入れ忘れか、はたまた、この形が正解なのか。

今となってはどれが正解かわからないのですが、このままでも美味しかった、というのは確かなことです(笑)

チーズソーセージホットドッグはソーセージの中にチーズが埋め込まれていて、パリッと噛むと中からとろりとチーズが出てきて味と触感の変化が楽しめました。

あらびきソーセージホットドッグは、緻密なあらびき感で、弾力のあるソーセージをゆっくり噛みしめていくと、限界を超えた瞬間にパリッと割れて、中からジュワーと出てくる肉汁は、何口食べても飽きることのないおいしさでした。

パンはそのソーセージの弾力をしっかりと受け止めてくれる硬めのバケットで外はカリカリ中はふんわりなのにダレることのない逸品。

自分としては、チーズとあらびき、どちらがいいかと聞かれたら、ソーセージ自体の美味しさは、どちらも遜色ないので、チーズ入りの方がお得感はありました。

コンビーフサンドは、油のしつこさを感じないコンビーフで、缶詰のコンビーフにあるもっさり感がまったくなくて嫌味のない食べやすさ。大きな一口で頬張ったときの贅沢感で幸せに包まれるお味でした。
量的な問題で、コンビーフサンドは一人分の半分だけ食べる予定だった連れは、その美味しさに、半分だけにとどまらず、一人分を完食してしまった。
[adchord]

後日食べた「昔のベーコン」

ベーコンの写真は取り忘れてしまったので、写真はお店の公式フェイスブックからお借りしました。

ベーコンへのこだわり

自分でもベーコンを手作りするものとして、興味があり買わせていただきました。

まずこの「昔のベーコン」というネーミング。何を意味するものなのか、今のベーコンと何が違うのか、ちょっと解説いたします。

そもそもベーコンとはなにか。

豚のばら肉を塩漬けにして、燻製したもののことです。

では、昔のベーコンと今のベーコンとは何が違うのか。

今のベーコンは(ハムも含む)簡単に言うと、材料として豚肉、水、塩、砂糖の他に、卵白、大豆蛋白など、豚肉以外のタンパク質を混ぜものとして添加して作ります。

何故そんなことをするのか。

それは、コストを下げるためです。
いまから3、40年前、肉屋さんの店頭で売られていたベーコンは、混ぜものなどしていない、塩っ辛いベーコンでした。
混ぜ物なしのベーコンは、じっくり火を通すことによってカリカリなるベーコンです。
今スーパーなどで売られているベーコンは水っぽく、長時間火を通してもカリカリベーコンにはなりません。
だから、この「昔のベーコン」という名前には、混ぜものなしの、「むかしながらの」本物のベーコンだということを謳っているのでしょう。

ベーコンの実食

おみやげ用に買ったベーコンは、写真のように真空パックにされていて、買うときに保冷剤を付けてくれました。

家に持ち帰りいただきました。

パックを開けた瞬間から食欲をそそるとてもいい香り、とてもよくスモークされています。

薄くスライスされているベーコンを二枚ほどとって、フライパンへ。油はしかない。

ベーコンのあぶらみが溶け出し段々と透き通ってくる。あまり加熱しすぎると溶けてなくなってしまう。

このまま弱火で続ければカリカリベーコンになるが、今回はここで火を止める。

火を止め、ほんの少し、本当に少し醤油を振りかけ、そのままお茶碗に盛ったご飯の上に。

ベーコン丼の完成です。(写真なくてすみません)

この食べ方が何よりもベーコンの味がわかると思います。

程よい塩気とスモークの香り。あぶらみと醤油のハーモニー。とても美味しく頂きました。

すこし、付け加えさせていただくと、やはり売り物で日持ちさせなければならないということで、水分量が少なめなのかなと自分には感じました。ちょっと固めというのか。また、食べ方にもよりますが、スライスの厚みがもう少し厚いほうが食べごたえがあるのかもしれません。カリカリベーコンとして目玉焼きに添えるには今の厚みがベストなのかもしれませんが。

いずれにしてもとても美味しく、本物の「昔のベーコン」を味わうことができました。

まとめ

埼玉県ときがわ町のハムとパンのお店。

ハム屋の兄とパン屋の弟が始めた「こぶたのしっぽ」

二人の専門家が手を組んだのですから美味しくないわけないですね。

テイクアウトのホットドッグはケチャップとマスタードを要確認(笑)

コンビーフサンドで贅沢な気分に。

ベーコンは本物の味のする昔ながらのベーコンでした。

ファンになりました。また行きたいお店です。

参考リンク

フェイスブック https://www.facebook.com/kobutanoshippo/
食べログ https://tabelog.com/saitama/A1105/A110605/11043402/

コメント

タイトルとURLをコピーしました