【体験記】新型コロナウィルス接触確認アプリから通知が来てPCR検査を受けてきた

体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cocoaから通知が来るが、iPhoneのアプリで確認できない

先日、iPhoneのバナー通知で陽性者との接触の可能性がある旨が表示された。

しかし、アプリを立ち上げて確認してみても陽性者との接触はありませんでしたと表示される。

あれ、見間違えだったかな?と思って無視してたら土曜日になってもう一度出てきた。

やっぱり見間違えではない。

ネットで調べてみるとどうやらiPhone版アプリには接触していても接触なしと出るバグがあるらしい。

その場合、接触履歴を手動で確認することになるが、そのやり方については、ここのページがとても良くまとめられている。

COCOAで接触の通知があったけど、アプリ上で接触が確認できない時の対処法について、ご説明します | CLINIC FOR
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために用いられている新型コロナウイルス接触確認アプリ(以下、COCOA)で、陽性者との接触を知らせるプッシュ通知があっても、アプリ上で接触が確認できない不具合(バグ)が報告されているようです。通知が出て、ご心配になる方も多いかと思いますので、この不具合(バグ)への対処について、ご説明...

手順の通り、アプリのログを確認したところ、一致するキー1のログを見つけた。

このログがある場合接触があったということになる。

念の為この画面をスクショしておいた。

まず、相談窓口に電話してみた

ちょうどその日は土曜日だったが、新型コロナウイルス感染症電話相談窓口の電話はやっていた。

電話口で事情を話し、状況の確認。

接触の日付はいつですか?→アプリにバグがあって不明です

症状はありますか?→ないです

周りで具合悪人はいますか?→ないです

では、今まで通り感染に気をつけて普通に生活していて大丈夫です、との回答。

そういえば、昨日、職場で発熱で休んだ人がいたのを思い出した。

その旨を伝えたところ。

では、月曜に地元の保健所の窓口に電話してください、との結論になった。

週明け、月曜日、保健所に電話する

保健所は、9時から始まる。

ダメ元で3分前にかけたら、交換台の人が出て、コロナの相談窓口は9時からなので、もう一度かけ直して、とのこと。

あと三分もないんだけど、、。

ということで、9時になってかけ直すが、もたもたしていて、9時少し過ぎてしまった。

もう話し中。

しくじった。

自分の地元の保健所は、まず交換台につながって、人が手動で担当につなぐようだ。

交換台の人は9時前でも電話には出てくれる。

ということは、ちょっと前に電話して、要件を伝え終えるタイミングで9時をすぎるようにすれば、1番につないでくれるかもしれない。

しかし、ちょっと前時代的な感じ、音声案内にすればいいのに、と思ってしまう。

さて、保健所と電話で話した感じでは、

アプリで接触の可能性、かつ症状がでてない場合は、検査は勧められず、普段どおり過ごして大丈夫ですという回答になるようだ。

自分の場合、

職場で発熱者がいたこと。

高齢の両親と同居していること。

を伝え、検査したい旨を伝えたところ、じゃあということで近隣の発熱外来を2箇所教えてくれた。

しかし、これは保健所が手配してくれるというよりも、住所と電話番号を教えてくれただけで、自分で連絡して予約しろということだった。

保健所のお墨付きがないと検査できないのかと思っていたが、アプリで接触の通知があった場合は、保健所を通さなくても検査はできるのかもしれない。

PDF:新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)で通知を受けた者に対する行政検査等について
2020年8月21日
https://www.mhlw.go.jp/content/000661724.pdf

病院に電話する

病院は2箇所教えてもらったが、それぞれWEBで調べたら、片方はWEBサイトがない。

サイトがないと、接触アプリのはなしも通じないかもしれないという偏見で、もう一方の病院に決めて早速電話した。

電話口で要件を伝えると、すぐに検査できるということで、30分後に行くことにした。

検査は通常の診察とは別室で行う。

部屋を分けている関係でトイレに行けなので予め済ませて来てほしい。

アプリの画面を見せられるようにしてきてほしい。

検査結果がでるまでに2~5日かかることなどの説明を受けた。

PCR検査

病院は、駅のそばの住宅地にあった。

ドライブスルーとかではなく、普通のクリニックである。

係の人の誘導で受付に促され、そこで保険証を出してしばらく別室というか、廊下で待たされる。

ビルのワンフロアーがクリニックになっていて、町医者というよりは小規模な総合病院のような感じの規模だった。

問診票を記入してしばらくすると、指先に機械を付けられ酸素飽和度?を計り、検温も行った。

検査を受ける先客は一人いた。あとから2名きた。予約を30分刻みで取っているようなので、同じ時間に来る人数を調整していると思われる。

その後、医師による問診・確認が行われ、そのときにアプリの画面のスクショを見せた。

検査は、廊下に設置されたブースというか、ちょっと広めのクローゼットだったような1平米程度の小部屋を仕切りで区切った部屋で行われた。

仕切りには腕が2本出せる穴が空いていて、医師がそこから腕を出して検体を採取する。

検体の採取は、鼻の奥の粘膜を綿棒で取るやつで、これでもか、というくらい棒を奥まで差し込まれたが、痛さは感じなかった。

検査はこれで終了で、会計して引き上げた。

会計は初診料など診察料が1870円

後日電話で結果をお知らせするための電話等再診料が220円

合計2090円であった。

検査後の生活

保健所や病院の説明では、隔離の必要はなく、通常通りの生活をして構わないと言われている。

平日会社勤めをしているが、念の為大事を取って在宅勤務となった。

病院でもらったプリントに書かれていたこと。

「Cocoa接触通知を受けたが明らかな濃厚接触がなく無症状の方」

  • 検査結果がでるまで2~5日ほどかかります。
  • 検査結果は電話もしくは次回受診時にお伝えします。
  • 隔離の必要はありません。通常通りの生活を送ってください。
  • 結果が出るまでの間に熱があがる、症状が悪化するなど、体調の変化があれば、ご連絡ください。
  • 陽性であった場合は、当院から保健所に届け出をします。その後保健所からご本人あてに連絡がありますので保健所の指示に従って下さい。

結果は陰性

検査を受けた2日後の朝8:30頃、病院から携帯に電話が入った。

「検査の結果、検出限界以下でした。」

ん?

「陰性ということですか?」

「そうです。」

というやり取り。

あえて「陰性」という言葉を使わずに、正確に表現しようとしすぎてかえってわかりにくくなるように感じる。

得てしてお役所によくあるパターン。

「もしかしたらウィルスがいるかも知れないけど、いまの技術では検出できなかったので悪しからず!」的な責任逃れを感じてしまう。

今回の一件でわかったことまとめ

  • iPhone版の新型コロナウィルス接触確認アプリCOCOAにはバグがあって、感染者と接触してもアプリ上では接触なしと出る場合がある。(2020/9/12現在)
  • 相談窓口に電話で相談しても、アプリで接触通知があっただけで、症状がなく、身に覚えがなければ検査せずに普通に過ごして経過観察との回答を受けた。
  • 保健所に電話で検査したい旨とその理由を伝えたら、検査できる病院の情報を教えてくれた。
  • 保健所を通さなくても、自分で検査できる病院を探して直接予約。アプリの画面をみせても同じように公費で検査できたと思う。
  • アプリで接触が確認された場合、PCR検査は公費でできるが、保険適用で診察料2000円程度かかる。

今回、自分は検査を受けたが、アプリの通知だけで症状がなければ検査を受けさせない対応が電話窓口のデフォルトのようであった。

通知があっても身に濃厚接触の覚えがなく、症状が出ていない場合は、陽性の可能性が極めて低く、リスクと社会的コストのトレードオフの判断なのだと思う。

また、接触が検出されながらそれが表示されない、というのはかなり致命的だと思う。

もしそれがアプリのバグであるとしたら、早急の対応を望む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
体験談
スポンサーリンク
みのりぐみをフォローする
誰かのためにブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました